クレジットカードは、社会人であればとりあえず一枚は持っておきたい便利なカードです。
カードにはポイント設定がしてあることが多く、利用することでお得なポイントが貯まる場合が殆どです。

 

そういったポイント還元率というのも、カードを選ぶ際の基準となります。

 

ポイントの還元率というのは、どのカードであっても年間の利用額などで大きく変動します。

 

クレジットカードの仕組み上、よく利用してくれる顧客を優遇するのは当然のことですから仕方無いのですが、やはり利用額が少なくてもそれなりに得するカードを選びたいものです。

 

30万円以下

 

rerere

 

年間の利用額が30万円以下として想定すると、一番還元率の高いカードはズバリ『レックスカード ライト』です。

 

一般的なカードが0.5%の還元率なのですが、このカードは年会費無料でありながらも還元率が1.25%となっています。

 

続いて、『リクルートカード』の1.2%、『楽天カード』の1%となります。

 

50万円以下

 

kapo

 

ライトではない『レックスカード』であれば、年会費が2500円(年間50万円利用で年会費無料)かかりますが還元率は1.75%となっていて、これもかなりの高還元率のカードとなっています。

 

漢方スタイルクラブカード』も同様の1.75%、こちらは年会費1500円で利用し易いです。

 

50万円以上

 

riku

 

年間50万以上程度の利用額と想定すると、『リクルートカードプラス』が還元率2%と一般的なカードの4倍の還元率です。

 

年会費が2000円ほど掛かりますが、それを考えてもかなり還元率が良いお得なカードと言えるでしょう。

 

しかし、還元率だけを見て決めるよりも貯まったポイントがどのように利用出来るかというのも重要な所です。

自分のライフスタイルにあった使用が出来るカードが一番のオススメでしょう。

 

高還元率クレジットカードを徹底比較

 

カード名 還元率 年会費 付帯サービス 入会特典
楽天カード average1% good完全無料 家族カード、楽天Edy 楽天5,000ポイント 贈呈
REXカードライト good1.25% good完全無料 ETCカード、家族カード 4,300円分Jデポ贈呈
リクルートカード 1.2% good完全無料 ETCカード、家族カード verygood10,000円分ポイント贈呈
漢方カード 1.75% 年1,500円 ETCカード、家族カード 5,000円分Jデポ贈呈
レックスカード 1.75% average年2,500円(年間50万利用で無料) ETCカード、家族カード 4,300円分Jデポ贈呈
リクルートプラス verygood2.0% 年2,000円 ETCカード、家族カード verygood10,000円分ポイント贈呈